So-net無料ブログ作成

久々でぼやく。 [英語学習。]

長らくの間放置プレイなサイトになってしまってて
すんまそん(汗)

まあ、放置の間も英語にかかわる仕事はそのまま
継続しておりまして、その中でいろいろ得られることも
ありーの。

また余裕のある時には、そこで感じることやその他もろもろ
書いていこうかと。


自分の経験も含めて。

日本で英語を習得しようというのなら。


やっぱ、まず量をこなさないと話にならんとです。
週に一回、英会話学校に来て、そこで話してるだけでは


けして話せるようにはならんとです。


やはり、毎日少しでも話す場面を持たないと
(しかも結構追い詰められて絞り出すような思いをしないと)


力は伸ばしにくいです。


最終的には、自分がやったらやっただけのことが自分に
返ってくるってことなんですけど。
英会話学校以外での普段の学習が本当はもっと大事です。
週一回の50分だけですべて得られるのなら誰も苦労しないです。


たっかい金払って、話す場を得ているんだから、
その50分を無駄にしないでください。
その50分を無駄にしないためには、実はその50分以外に
いかに英語に触れて、自分の基礎力を上げるかが大事です。
それこそ筋トレとかと同じです。
どんなスポーツ選手でも1週間に一回、50分だけしか練習しない
なんて人はいません。

その50分は練習試合のようなものです。
毎日鍛えてきたことを1週間に一回、自分でどこまで力ついたか
チェックするようなもんです。


受け身ではだめです。誰かから与えられるのを待ってる姿勢は
まずいです。自分から行きましょう。


「教えてもらってないから」
「やれって言われてないから」


それは自分の責任だぞ。
もう気づけよ。言わすなよ。


言われないと気がつかない人は、もうその時点で
behindです。考えを改めましょう。


言われなくても自分で考えて工夫できる人は
勝手に自分で力伸ばしていきます。


日本で英語ができなくて死ぬことはないです。
そういう環境であえて英語を習得するというのは
やはり簡単なものではありません。

英語に限らんと思います。
やるのは、自分、です。

あと。
TOEICとか英検とか、資格試験のためだけに
英語を勉強したい、ってのも

あまり賢い考えだとは思いません。

たとえば就職でTOEICスコアが必要だと言って。

たとえ、TOEICで良いスコア持ってても、実際話せない人なんて
結果的に意味ないです。知識をもっていることイコール英語を
本当に使える力を持っている、ではないわけで。
就職後に実は仕事で使えない、なんてカッコ悪いっす。


これ、600点前後あたりの人にありがちかもです。
会社が求めてる数字がこれくらいだったりするし。
正直、超、中途半端です。


本気で仕事で、英語、ってことを意識するなら、
迷うことなく800点超をめざしましょう。
このレベルになると、全然話せないような人は相当の努力をしないと
おそらくスコア獲れません。
逆に、在る程度会話でのコミュニケーションに困らない人は
ここにさほど大きな壁はないです。(ときどき例外いますが)



英語学習を続けていく中での自身のレベルチェックのために
こういった資格試験を利用する、と考えるほうが
長い目で見たときには良いと思います。

とまあ、ふと考えてたこと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。